So-net無料ブログ作成
プリュゼニ ブログトップ

蛹化 [プリュゼニ]

前蛹だったブリュゼニが先週末の留守中に蛹化していて安心した。
ここのところ前蛹で落ちる個体が多く、いまだに春ころまで使っていたマットの
後遺症を引きずっている。

蛹化した個体は幼虫時102gで、140ミリオーバーほどしかないので
羽化時120ミリくらいだろうか。
残りの120gオーバー幼虫に期待したいところだね。

今日はJ君が友達とカナヘビを捕まえに公園に行ったが、探せなっかようだ。
こちらではって言うか正式名がカナヘビ(ニホンカナヘビ)って言うらしいのだが
自分が子供のころはカナチョロって言って気がする。
それでちょっと調べてみたら日本全国にいるので、地方によって色々呼び名が
あるようだ。もちろんカナチョロの呼び名もあって間違ってはいなかったようだ。
最近J君はヤモリ・カナヘビ・カメに興味があるようで色々飼いた~いって言ってくるの
でビックリしてしまうよ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

やっとブリュゼニだね~ [プリュゼニ]

トリニダ同様に♀が待ちくたびれてたブリュゼニのペアリングをしてみたよ。
♂はまだ後食開始から1ヶ月経過していないのいだが、ケースの蓋に登るくらい
元気なので大丈夫かな。
そう言えばブリュゼニの♀って後食が羽化から3ヶ月かかってるんだけど、2頭
とも…サタンなみだよね。
友人の所でもそのようなので、これって生体的な特徴だったりしてね。
フォルムが非常に近いトリニダの♀は他のヘラクレス亜種同様に2ヶ月程だから
不思議と言えば不思議な気もするね。

トリニダと言えばまた採卵してみたが、事情によりたた2日のセット期間だったが
4個膨らんだ卵を回収できたので上々。
どうゆう事情かと言うと、ケースを確認するとゼリー食べてるか蓋に登ってるかなので
マットが馴染んでなくて気に入らないのかと思ったんだよね~。
その割には産卵してるから面白いものだが、こんな感じってコーカスの♀がそうだった
が、どうでもよかったのでほっといてたら結構産んでたよね。
流石にトリニダではほっとけないので、良いのか悪いのかサイクルにならないや。
1セット目は採卵が早すぎたせいかどうかは解らないが、かなり溶けてしまった
ので20個以上は無駄に放出したのがイタイかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
プリュゼニ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。