So-net無料ブログ作成
タランドゥス ブログトップ

羽化始め [タランドゥス]

9月は涼しい~こんな残暑厳しくないのは久しぶりのような。
でもまた残暑がぶり返すのだろうかね。
8月末に羽化したタラ♂を取り出してみたよ。

3本目に投入時で29gだったので流石に小さいね~。
顎を広げて丸まって死んだふりをしてるようで、余計に小さくみえるね。
初2令時に良い菌糸を与えないとダメなんだろうね~。
ここのところ採集した初2令は最初から良い菌糸を与えてたら3本目に
投入時で♂は35g~38gあるので最初の餌でこんなにも違うのかと驚き。
ただカブ専の悲しさで菌糸ビンを熟成期間ごとにストックしていないのが
最終段階で若い菌糸ビンでの暴れにあうこと度々なんだな~。
まあカブ専のクワ飼育はこんなもんでもOKだったりもする。
ピカピカの新成虫を見れて十分堪能できてしまうからね。
…ただカブより餌代かかりすぎなのは本末転倒だね。


3本目 [タランドゥス]

タラの初幼虫を投入後まだ経過2ヶ月弱なのだが3本目に入れてみました。
2本目に入れる時で11gだった個体が31gになっていたので
まずまずの成長じゃないだろうか。

30g超えてくると♂なのだろうと思うのだが、頭部の大きさが怪しいのだが
♀なら多分しばらくしたら蛹化するのだろうね。
♂ならこの3本目であと5g以上がんばってくれることを祈ろう。


菌糸ビン産卵 [タランドゥス]

産卵孵化を確認していた菌糸ビンを待ちきれず、ほぐしてみたよ。
カワラ材よりははるかにバラシ易かったが、ほんとにガラスビン(詰めて1年ほど野菜室
で保管)なのでホジホジって感じのほぐしでどうなるかと思ったが、幼虫が食い進んでい
る部分で一気に剥がれて数頭の幼虫とご対面。
結果は2令6頭と初令5頭の計11頭だったが、菌糸を剥がすときに挟まったかで2頭潰
れたようだ。何時もながら余分なストックはしていないので菌糸ビンが不足して初令3は
少し大きめにしばらく同居してもらいましょう。
次の菌糸ビンにも既に産卵を確認しているので材で産卵させるのは無駄な工程のように
思えてきたよ。
タラも飼育法が確立して初心者でも簡単に大型を出せるようになったので、マニアには
ちと面白みが薄らいできてるのではないだろうかね。
それにしても菌糸の開発には頭が下がるし、クワ飼育は計算されたものがあり、ある
意味羨ましいね~。それに引き換えカブはカブ自身がある程度なんでも食する関係上
廃材マット・針葉樹マットなど処理さえすれば使え、それなりに育つから、まったく害が
無くまたロットでの極端な品質差(これ結構深刻な問題)が無いマットが乏しいね~。


孵化してるじゃん [タランドゥス]

菌糸ビンに産卵を確認していたタラセットを確認したら、孵化した幼虫を確認できたよ。
と言う事で最初に掛けた♂が種なしだったようで気づくのが遅すぎだね。
♀はまだ生きていたが符節も取れだしているので、もうこのまま最期とげるののかと思う。
先週の土曜日に詰めた菌糸が早々に菌がまわり、来週には使用できるくらいなのでイイカンジだよ。
カブの合間にタラのブリードが気分転換になるね。本格的じゃないところが楽しめる要因かもね。

週末はカブのマット替えが溜まってるので気合いれなきゃまづいぞ~。
マットの仕込みもするぞ~っということで今夜は早く寝とこうかな。


菌糸詰めなきゃ [タランドゥス]

菌糸ビンに投入していたタランドゥスが加齢し始めているようで、そろそろ2本目を用意しなきゃと
考えて色々なショップを物色してたけど、やっぱ菌床を詰めたほうがはるかに安いのね~。
使ってみたかった菌床を注文して明日というか今日届くので早速その準備で色々消毒したよ。
1本目はほぼ1ヶ月近く経過するのだが、かなり外周が劣化し始めていて、どのくらいまでいけるか
は微妙だな~。
まぁ~少なくても2週間ほどはもたせなきゃいけないので、もっと早く注文すべきだったよ。
2ヶ月くらいは大丈夫だろうと思ってのんびりしていたのだが、粒子が細かい菌糸ビンは劣化も早い
のだろうがこんなものなのだろうかね。

そう言えば冷蔵庫野菜室に眠っていた菌糸ビンは、詰めてからなんと1年近く経過しているのだが
まったく劣化していないんだよね~。
とりあえずダメもとで無精卵ばかり産んでる♀を有精卵を産ませてる♂と掛けてからセットしてみたら
即効で潜って産卵が確認できちゃったよ。まぁ~有精卵かどうかは?だが使えてることに驚きかも。
もう1本あるので、幼虫の2本目にも試してみるつもりだが、クワ専の方にはありえない話だろうが
何かの役にたつかもね。

久しぶりに記載したら絵文字やら色々できるようになってるよ。


割り出しって難しい~ [タランドゥス]

やっと本業もピ-クを過ぎやれやれって感じだね。
カブのほうは、マット替えがかなり溜まっているので明日は気合入れて
やらないといけない感じだよ。
今日はkuwataフェスタだが、疲れ気味とあの人混みを想像しただけで今年も
行く気なし。今年も大入りのようだが5月か6月くらいにやってくれれば行く気もおきそうな
感じがする今日この頃かな。

菌糸ビンが届いて1週間だし、落ち着いて(違う意味では落ち着いていなかったけどね)
タランドゥス幼虫の割り出しをして見たよ。
幼虫が居るのが解っていて割り出すのは神経使うね~っていいながらブスッ!。
皆さんはどんな道具で割り出しているんだろうか。
そんなこんなで6頭回収したのだが、なんと2頭もキズをつけてしまい、結果4頭に
なっちゃったよ。
何でも初めての時は解っているのに、気がせいでしまい遠回りせずアッ!やっちゃった~。
次回の良い教訓になりました。何でも一度は痛い目に会わないと体が覚えないもんだね。
痛いのは幼虫だったか…反省。


幼虫がいたよ~。 [タランドゥス]

3月になっちゃたね~。
ものすごい管理不足になっているタラの割り出しをしてみたら
材に結構食痕が伸びていてもしかしたら幼虫いるかもって思って
慎重に削っていたら何頭か初令の幼虫がいたよ。
タラ専でもなくクワ用マットもあるわけではないので、とりあえず幼虫は
取り出さずそのままにして、急遽カワラ菌糸ビンとカワラ材を注文したよ。
何頭いるのかも解らず注文するのは無駄になりそうで困っちゃうよね~。
使ってみたい菌糸があったのだが、コンスタントに採れなきゃ、高価で膨大
な無駄になるのでとりあえず使ったことがあるところにしてみたよ。

それとモリシマイ♂幼虫のマット替えしてみたら結構な増量でデーターみたら
孵化から6ヶ月ほどながら90g弱まできていたよ。
実はかなり前からオークションに出品していて、落札されずに再出品を繰り返して
個体だったんだが、こんな成長の良い固体なら自分で育てたほうがいいやね~って
思いキャンセルしたよ。
かなり格安だったので落札されてれば、その方は超ラッキーだったのにね~。
落札されずラッキーだったのは自分になったね。


気分転換にタラ [タランドゥス]

あ~なんてことでしょう。
最悪もあると思っていても、やはりカッカして眠れないないので
先週羽化したタラ♂を取り出し気分転換。
新成虫はなんとも綺麗で癒される~。

サイズは72ミリほどだが、カブ専の自分には十分満足な個体だね。
取り出す時のカワラタケの硬さははんぱじゃないね。
こんなの何十~何百頭も飼育されてるクワ飼育者はたいしたものだと
改めて関心する。
仕込み時間、体力、集中力どれも大変だよね~。

ほんとは羽化ラッシュ報告でハッピーにいきたかった。
何があるか解らないのがサッカー、日本ガンバレー!


クワ♂蛹の不思議 [タランドゥス]

昨日蛹化したタラ♂をじっくり見てみたが、クワの♂蛹を生で見るのは
初めてなので解っていても不思議だね~。
前胸部を内側に曲げて蛹になるなんて外骨格だからできるアクロバッティック
な技だよ。
胴体部寸法の蛹室サイズで胴体部の2倍くらいまでのサイズが羽化できる
良く考えられた生体進化だね。
カブの蛹室、ブンブンなどの繭系蛹室、クワ蛹室とそれぞれ実に緻密な形状で不思議だ。

そろそろヘラヘラの蛹化ラッシュ第2段がきそうな感じかな。
これからのはかなり期待できそうなのがいるので楽しみだね。
とりあえづ先程取り出した前蛹は100gを超えてるので145ミリ以上
はいけるかな。


タラ♀蛹化 [タランドゥス]


タランドゥスはどのステージも早いらしいので、そろそろなんだろうな~
って思っていたが今日帰宅したら蛹化してたよ。
結局新しく投入して、まもなく蛹室を作っちゃったので捨てビンになったようだ。
クワをまともに飼育観察するのは初めてみたいなものなのでとりあえず
無事羽化するといいのだがね。

昨日、菌糸詰めしたビンは1日弱経過したがほとんど変化がないね~。
どうなることやら…だめなら国産カブ幼虫にあげちゃうか。
前に使用済み菌糸カスをあげたら跡形も無く食べたようだ。
使い古しの餌皿もきれいに平らげるんだから菌糸カスはごちそうかもね。


タランドゥス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。